依存は禁物の理由

お金がない金銭面のピンチをキャッシングサービスで凌いだ経験をお持ちであれば、その心強さと便利さについつい不必要な場面でも、迷わずキャッシングサービスに意識が向いてしまうことでしょう。自身の預貯金口座の残高を確かめ、財布の中身をチェックしてあれこれ工面する面倒を回避したい、親族や知人に頭を下げて助けてもらうのはイヤだなど、その理由は誰もが同じです

まして自身が金欠状態に陥っている事実は、第三者に知られたくない以前に自問自答も精神衛生上辛い作業です。自身の口座から気軽に引き出す感覚で、キャッシングサービスを利用すれば何より金欠という現状を回避できます。こうした習慣が、結果的に徐々に利息負担が膨らんでいき、やがて返済に窮してしまう状況へと連鎖していくリスクに繋がります。ただ、私達が再三目や耳にする「計画的な利用を」の文言は、頭の中では理解している方がほとんどでしょう。

だからこそ、金欠を一時的に凌いだ後の返済に際しては、返済期限当日の口座振替を待たず、手元にお金が準備できた時点で返済するなど、僅かでも金利負担を軽減する対応がおすすめです。こうした堅実な返済実績が、金融業者側の評価に繋がります。あくまでキャッシングサービスは「有事の切り札」と位置づけ、利用可能金額に普段から十分な余裕を確保しておきましょう